2016年にサービスが開始されたETC2.0。こちらではこれまでのETCとの違いや、サービス内容を比較していきます。すでにETCを導入されている方の場合、どのような違いがあるか知っておきましょう。

ETC2.0によるサービスについて

ETC2.0が提供しているサービスは、3つに分類されており、事故防止や渋滞回避などといった物があります。一つ目は安全運転支援、落下物や渋滞末尾情報といった物、危険なカーブなどを静止画で知らせてくれるサービスです。

続いて渋滞回避支援サービス、これはリアルタイムに渋滞状況を知る事ができ、最適なルートか選べます。三つ目は災害支援であり、高速道路の走行中に地震などが発生した場合、状況を教えてくれるサービスとなっています。

他にも様々なサービスが提供される予定ですが、ETC2.0対応のカーナビが必要な物もあるので、注意が必要です。

・従来のETCとはどんな違いがある?

ETC2.0とETCの一番の違いであり、一番注目されているのは、圏央道の料金が更に2割引される部分でしょう。これまでは圏央道経由であれば、都心経由よりも高い金額となっており、導入を悩む人もいるんです。

ETC2.0の場合は貨物運送会社や営業交通機関だけでなく、通勤などで有料道路を使用する一般ドライバーへの恩恵も大きい物です。更に渋滞回避支援サービスに応じた場合、有料道路の割引が適用されるので、渋滞緩和にも貢献できます。

旅行や帰省などを車で行う人に向けたサービスもあり、道路情報だけでなく、観光情報も手に入るようになっています。やはりETC2.0対応のカーナビが必要ですが、これまでのETCと比較しても便利な物だと言えるでしょう。

・ETC2.0を導入する前に気をつけたい事

これまでのETCにかかっていた本体代よりも値段が高く、約3万円前後となっている為、価格の敷居は上がっています。更に取り付けをお願いしたり、他にも導入部分の様々な箇所を業者に頼んだ場合、平均して5万円前後かかるのも、覚えておきたい点です。

ETCとの違いではこうした初期コストが高くなっている為、金銭的な面で導入を悩んでいる人には辛いデメリットでしょう。しかし近年では、ETC2.0の車載器の購入を考えている人に向けた補助金制度を、国が行っています。

補助金を上手く利用すれば安く導入も可能であり、初めてETC関係を導入する人にとっても、嬉しい制度です。長期的な視点で見た場合、各種割引や災害に常に警戒していたい人にとっては、それほどデメリットではなくなりつつあります。

・ETCとETC2.0はどちらが良いのか

初期コストを考えた場合、まだまだETC2.0はデメリットが目立つ物だと言えるでしょう。有料道路の割引や料金所の軽快な通過だけを考えた場合、まだまだ従来の使用者からすれば、メリットは少ないかもしれません。

しかしETC2.0はまだまだサービス提供途中であり、これから先の事を考えれば、更に利便性が上がる物でもあります。車や有料道路の利用は仕事のみならず、家族旅行や一人での遠出などもあるので、ETC2.0の割引や追加サービスには注目していきましょう。

今は魅力が薄いといっても、これからはETC2.0と従来のETCとの明確な違いが生まれてくるので、助成金給付も利用するのも手です。現在では導入の魅力がいまいち感じられないといった人でも、今後追加されるサービス次第では導入するべきだとも言えます。

まとめ

ETC2.0はこれまでETCを導入していた人にとっても、割引価格の追加によって魅力的な要素がつまっています。少しで導入を考えている人は、タイミングを見て導入しておけば、これから先更に便利なるでしょう。

年会費無料でおすすめのETCカード

2018年おすすめクレジットカード & ETCカード

1位 ライフカード

クレジットカード・ETCカードどちらも年会費無料・発行手数料無料で作れるライフカード。

最大の特徴は誕生月での利用は常に3倍になるところ。1回きりではなく、翌年以降もずっと誕生月はポイント3倍になります。

ライフカードは他のカードと比較すると、1ポイント当たりの価値が5円程度と高く、また、ポイント有効期限も5年と長いので失効を気にしなくてもいいのが嬉しいですね。

審査結果は5分程度でわかり、その後 最短3営業日で発行可能。

国際ブランドは、VISA、Mastercard、JCB 3つの中から無料で自由に選べます!

さわやかなブルーのデザインも人気の理由となっています。

ライフカード公式サイト 発行はこちら