日常的に有料道路を利用している方は非常に多く、仕事でもプライペートでも、ETCカードを多用されている方も多いでしょう。利用頻度の高いETCカードですが、個人向けカードと法人向けカードがある事はご存知でしょうか?

法人向けのETCコーポレートカードってどんな物?

ETCコーポレートカードとは、大口・多頻度割引という物が適用されるカードであり、最大で30%の割引があります。多数ある割引の中でも最も大きい割引を受ける事が出来るのが、ETCコーポレートカードの特徴です。

NEXCO東日本や中日本、西日本が運営している高速道路に適用される割引で、月に3万円以上利用している法人や企業にはおすすめできます。更にドライバーを複数抱えていたり、会社名義の車両何台も所有している企業にもおすすめです。

大口・多頻度割引だけでなく、高速道路の利用状況が把握しやすくなるのもメリットだと言えるでしょう。しかしデメリットとして、月間利用金額が3万円を超えている事、そして車両一台に対して一枚しか有効ではないので注意が必要です。

ETC法人カードって何?普段使ってるものとは違う?

ETC法人カードは、クレジットカード会社や事業協同組合が発行する、法人向けのETCカードの事です。先に紹介したコーポレートカードのように高い割引はありませんが、一般向けETCカードと同じくマイレージサービスが利用できます。更にコーポレートとは違い、車を選ばずにカードを利用することが出来るのも、大きな違いです。

1枚のカードを複数の車両で使いまわす事も可能で、車検点検時の代車でも利用できるので、個人向けのETCカードと似た使い方が可能です。更にコーポレートカードと比較してもわかり通り、様々な高速道路と有料道路で利用できます。

ETCコーポレートカードとETC法人カードの違いを比較

まず最大の違いとして二つの大きなポイントがあり、一つは大口・多頻度割引が適用されるかどうかでしょう。これは企業や法人といった利用者からしても、割引額が大きいほうが嬉しいので、最も気になる部分でもあります。

しかし利用条件という足かせも存在しており、コーポレートカードは使いまわせず、NEXCOが指定していない道路は割引されない事です。ETC法人カードの場合は、どこの高速道路でも有料道路でも利用する事が可能で、汎用性が非常に高い物となっています。

更にポートレートカードの場合、1台の月間利用額が5000円以下の場合、割引がまったく適用されないのも注意点です。マイレージサービスの法人カードでは、そうしたデメリットは無いので、これだけでもかなりの違いがあります。

比較したのはわかったけど、どっちを作れば良いの?

どちらのカードもメリットとデメリットを併せ持っているので、どちらを作るかは目安で決めると良いでしょう。一つはNEXCO指定の有料道路を、一ヶ月でどの程度利用しているか、そもそもNEXCO指定の有料道路を使っているかです。

また、使っていたとしても月に3万円以上利用しないのであれば、ポートレートカードのメリットはそこまでありません。月に利用する金額が少なく、使用車両の限定に不満を感じるのであれば、ETC法人カードのほうが向いていると言えます。

どちらのカードも一長一短であり、割引だけで発行カードを決定せずに、どうすれば割引を受けられるかを見直してください。現在の利用状況を再確認し、自分の会社にとってどちらのコストパフォーマンスが良いかを検討しましょう。

まとめ

特化したETCコーポレートカード、そして汎用性の高いETC法人カードは、かなり違いがあります。大きな会社であればコーポレートカードの割引は魅力的ですから、もし割引に当てはまるなら発行する事をおすすめします。

おすすめのETCカードが年会費無料