ETCカード一枚を家族間で共有する事はもちろん可能であり、1枚で使える車載器の数に制限はありません。ETCカード番号と車載器管理番号はありますが、それぞれ独立しているため、特に制限がかからない仕組みになっています。

ETCカードの利用履歴は名義人に行く

一枚のETCカードを家族間で共有しても、利用履歴は車載器側に記録されるようになっています。そのため家族や友人、知人に借りたとしても貸した場合でも、請求はカードの名義人にくるわけです。友人や家族の車を借りても、一枚のカードを使いまわす事が出来るため、請求は一人の物にいくので安心して利用することができます。

これはレンタカーでも同じであり、レンタカーの車載器はあらかじめ取り付けられていますが、カードは別です。名義人であるアナタのETCカードを使えば、レンタカーだとしても有料道路利用分はいつも通り自分に請求がくる仕組みになっています。もしも一枚のカードに制限があるのかと不安になっている方も、安心して利用してください。

どんな車種でも関係なく使える

ETCカードを共有する場合、車種が別でも大丈夫なのかという疑問もあるでしょうが、特に心配はいりません。先に紹介した内容と同じく、ETC利用履歴は車載器側では無くカード側ですので、使いまわせる事が出来ます。

これは軽自動車や普通車、大型車でも関係なく、車載器が搭載してある車であれば問題なく使用出来ます。勿論利用した分の料金は、軽自動車なら軽自動車、普通車なら普通車の料金になるので、請求額は車種次第です。

そしてETCカードの利用による割引ですが、これも車種に関係なく、家族の車でも知人の車でも適用されます。自分名義のETCカードを一枚作っておく事で、旅先でレンタカーを借りても、急用で知人の車を利用しても安心です。

ETCカードは使いまわせるが車載器はやめよう

ほとんどの方は車載器を使いまわす事は出来ないのですが、知識や技術がある方であれば設置や取り外しが可能です。しかし知識があるからといって、一台の車載器を複数の車で使いまわす事はやめておきましょう。

もしも新車を買った時や、車を買い替えるタイミングがあったときに、古い車から車載器を取り外して設置しようと考えますよね。こうした場合は車載器の再セットアップを行う必要があり、設置しなおしただけでは使えない事は覚えておきましょう。

勿論専門家に任せるのであれば安心ですが、なんとなく程度の知識でやってしまう場合、何かの拍子に使えなくなってしまう可能性もあります。車載器の取り外しは大変な作業でもあるため、少しかじった程度の知識でやるのはデメリットが大きいです。

まとめ

ETCカードは家族を持っている人であればあるほど、一枚は作って置きたい物だと言えます。一枚あれば夫婦間でも利用する事が可能であり、自分の目が行き届く所であれば、安心して貸すことができるでしょう。

おすすめ!年会費無料のETCカード

2018年おすすめクレジットカード & ETCカード

1位 ライフカード

クレジットカード・ETCカードどちらも年会費無料・発行手数料無料で作れるライフカード。

最大の特徴は誕生月での利用は常に3倍になるところ。1回きりではなく、翌年以降もずっと誕生月はポイント3倍になります。

ライフカードは他のカードと比較すると、1ポイント当たりの価値が5円程度と高く、また、ポイント有効期限も5年と長いので失効を気にしなくてもいいのが嬉しいですね。

審査結果は5分程度でわかり、その後 最短3営業日で発行可能。

国際ブランドは、VISA、Mastercard、JCB 3つの中から無料で自由に選べます!

さわやかなブルーのデザインも人気の理由となっています。

ライフカード公式サイト 発行はこちら