意外と知らない人も多いのですが、ETCカードにはクレジットカード一体型と分離型ETCカードと呼ばれている物があります。ETCカードの利用者の多くは分離型と呼ばれている物を使用していますが、何故分離型が選ばれるのかご存知でしょうか?

ETCカードの利用頻度の高い人は分離型

一般的に広く利用されているETCは分離型と呼ばれている物で、ほとんどの方が目にしている車載器も分離型ETCカードです。クレジットカードとETCカードが別々に発行されるタイプで、手元にこれらのカード一枚ずつある場合は分離型と呼ばれる物になります。

分離型のメリットは、クレジットカードは財布やカードケース、ETCカードは車載器に挿入したままで良い点です。わざわざ差し込み直す必要も無く、クレジットカードにしろETCカードにしろ、使いたいときに使えるのもメリットでしょう。セキュリティの面からも分離型のほうが安全だと言われており、万が一車上荒らしにあっても、クレジットカードは無事です。

クレジットカード一体型はどんな物?

クレジットカード一体型のETCは、その名の通りクレジットカードとETCカードが一枚のカードで行える物です。カード一枚でショッピングも有料道路の通行も出来るため、一見すると便利に見えるのではないでしょうか。

しかし車の乗り降りの際に、毎回カードを抜かなければならず、運転の際も同様に挿入し直しという手間があります。更に、分離型とは違って利用方法がまとめてあるので、盗難にあったり紛失した場合の危険性が増します。有料道路を一年間で数回しか利用しない人であれば、クレジットカード一体型は便利です。

総合的に見ても分離型が便利

まだETCカードもクレジットカードも作っていない人、あるいはクレジットカードのみ発行している人には、分離型をおすすめします。分離型は機能が独立しているので使い勝手も良く、セキュリティの面でも安全な部分が最大のメリットです。そして発行のしやすさも分離型であり、ほとんどのクレジットカード会社が分離型のETCカードを発行しています。

対して一体型のETCカードの場合は種類も少なく、発行の難しさと盗難にあった時の危険性が高いため、デメリットも大きい物です。これからカードを発行する人には、分離型を強くおすすめします。

どちらもメリットとデメリットがありますが、ETCカードが必要な人は有料道路を多用します。そうした人にとっては分離型ETCが便利であり、一体型は何か理由が無い限りは選択しなくても良いでしょう。

年会費無料のオススメETCカード!