ETCカードを手に入れる場合、おすすめなのは評判のよい楽天ETCカードです。楽天ETCカードを作るには楽天カードに入会する必要がありますが、年会費は無料なので気楽に作ることができます。

ただ気になるのが届くまでの時間でできるだけ早く使いたいところです。楽天ETCカードは最短何日で発行できるのでしょう?

楽天ETCカードを作るには

まず楽天ETCカードを作るには条件があり、ETCカードはクレジットカードから引き出されるようになっています。要するに引き落としは楽天カードからしか行われないので、楽天ETCカードを作るには楽天カードに入会しないといけません。しかし年会費が無料なので毎年いくら使わないといけない縛りはありません。

楽天ETCカードを作るには公式ページで楽天アカウントを作り、楽天カードを作る手続きをします。その際、ETCカードが欲しい人はETCカードの項目にチェックを入れて申し込みを完了させます。既に楽天カードを持っている人なら、後で簡単に楽天ETCカードを作ることができます。ナビゲーションに従ってETCカードの申し込みを進めるだけなので、手続きについてはとても簡単です。

2週間くらいで発行してくれる

楽天ETCカードが手元に届くまでの日数ですが、申し込みが終わったら発行日数は大体2週間くらいで自宅のポストに届けてくれます。通常は届くまでの日数は2週間程度で、楽天カードとは別に楽天ETCカードが届けられることになります。同時申し込みの場合はまず楽天カードが自宅に届き、その後、楽天ETCカードが別便で郵送されるようになっています。

しかし、実際に楽天ETCカードを申し込むと同じ日に届くこともあり、場合によってはETCカードの方が先に届くこともあるようです。そうしたことを考慮すると2週間という日数は到着までに要する最大日数と考えた方がよく、最短は1週間くらいと想定できます。いずれにせよカード発行までにはそれほど時間はかかりません。

楽天ETCカードが届くまでの準備

基本的に楽天ETCカードが届くまでに2週間という日数を要するのは、楽天カードよりも発行に時間がかかるからです。国のETCの認可時間などを考慮するとある程度仕方のないことで、仮に楽天カードと楽天TCカードを同時に申し込んだとしても通常は先に楽天カードが届きます。そして1週間ほどしてからETCカードが届くというのが一般的な流れになります。

大事なことは楽天ETCカードが届くまでに、楽天カードの受け取りをして引き落とし先を設定しておくことです。楽天カードは受け取り時に本人確認のために身分証明書の提示が必要で、本人が自宅に居る時にしか受け取れないようになっています。また楽天カードが届いたら引き落とし先を設定する仕組みになっているので、設定用紙に銀行名と支店名、口座番号を書いて送りましょう。

年会費ありだけど無料にできる

楽天ETCカードの年会費については基本的に無料なのですが完全無料ではありません。それというのも消費税が8%になってからは1年間で540円の費用がかかるようになりました。月にすると50円に満たない出費なので無料と考えてもよいのですが、気になる人はETCカードの年会費を完全無料で入手する方法があります。

その方法は楽天プレミアムカードか楽天ブラックカードを保有する、もしくは楽天市場でプラチナ会員かダイヤモンド会員になることです。楽天プレミアムカードか楽天ブラックカードを保有するとずっと年会費無料で楽天ETCカードを保持することができます。また、楽天市場の会員ランクでプラチナ会員やダイヤモンド会員になれば、翌年の楽天ETCカード年会費を完全無料にできます。

まとめ

楽天ETCカードは年会費無料なので利用しやすいカードです。カードが届くまでには2週間くらいかかりますが、最短で1週間くらいで発行してくれる可能性もあります。

楽天カードを作ろうと思っていた方は、合わせて楽天ETCカードを発行されてみてはいかがでしょうか。年会費がかかるのが嫌、無料にするのが難しそうならETCカードは楽天ではなく他のブランドにしてもいいかもしれません。