近年では様々な物にプリペイド式という物が存在していますが、日常生活や家族サービスで欠かせないETC、欲しい方もいるでしょう。しかし残念な事にETCにはプリペイド式という物が存在せず、電子マネー機能が搭載している物でも利用は不可能です。

何故プリペイド式がないのか

ETCカードという物の支払いシステムに理由があり、基本的にETCカードはクレジットカードが親カードとなっています。そのためETCカードの利用代金は、クレジットカードを利用した代金と合算されて請求されるというシステムです。

クレジットカードの中には電子マネー機能を搭載している物もありますが、電子マネーの支払いはショッピングだけです。そのためETCの料金を支払うために電子マネーを使う事は不可能であり、クレジットカードそのものが必要となっています。

便利な世の中になってきたと言っても、まだまだ使い捨て形式のプリペイドでは対応しきれない物もあり、運営上難しいのでしょう。プリペイド式のETCを心待ちにしている人は少なくありませんが、現在の状態ではどのカード会社でも対応していません。

クレジットカードを持っていないまたは作りたくない方へ

ETCカードの利用にはクレジットカードが必要ですが、有料道路専用カードというものを使えばクレジットカードは必要ありません。有料道路専用カードはETCパーソナルカードとも言われており、親カードとなるクレジットカードを利用する事なく、発行が可能です。

支払い方法はプリペイド式でもなく、即時引き落としでもなく、毎月指定口座から引き落とされる形なのでクレジットカードと同じです。

クレジットカードを作りたくない方や利用したくない方、目的を絞り込みたい方には、ETCパーソナルカードは便利なカードです。ただし保証金として2万円が必要であり、1234円の年会費も必要となってくるので、ここは注意しておきたい部分です。

これから先プリペイド式は出てくるのか

ETCを使う場所である有料道路や高速道路は、公共施設なので公共料金扱いであるため、プリペイド式の登場は見込みが薄いです。しかしプリペイド式を求めている声、年会費などの雑費がかからず、目的の為だけに使用できる物を求めている声はたくさんあります。

ですが現状のETC環境は、後払い制であるために請求時に残高がない問題、そして利権に関する問題もあるので難しい問題です。今後プリペイド式のETCカードが登場するタイミングがあるとすれば、地域限定利用などの制限されたプリペイドであれば、可能性はあるでしょう。

まとめ

今すぐにプリペイド式を発行するのはやはり難しいので、クレジットカード関係に抵抗がある方、使えない方はパーソナルカードを利用しましょう。

もしもETCカードの発行で年会費が気になる、発行手数料が気になるという方は、無料の物を探してみましょう。年会費無料で発行できるカードは増えてきているので、年会費が気になるという方にはお勧めできます。

年会費無料で発行できるおすすめETCカード

2018年おすすめクレジットカード & ETCカード

1位 ライフカード

クレジットカード・ETCカードどちらも年会費無料・発行手数料無料で作れるライフカード。

最大の特徴は誕生月での利用は常に3倍になるところ。1回きりではなく、翌年以降もずっと誕生月はポイント3倍になります。

ライフカードは他のカードと比較すると、1ポイント当たりの価値が5円程度と高く、また、ポイント有効期限も5年と長いので失効を気にしなくてもいいのが嬉しいですね。

審査結果は5分程度でわかり、その後 最短3営業日で発行可能。

国際ブランドは、VISA、Mastercard、JCB 3つの中から無料で自由に選べます!

さわやかなブルーのデザインも人気の理由となっています。

ライフカード公式サイト 発行はこちら